たった5分で完了!ShopifyにGoogle Analyticsを連携する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サムネイル23

この記事の所要時間:5分

ネットショップを運営するうえで、どのようなユーザーがいつどこからアクセスして、何を購入したのかなどを分析することはとても重要です。

ユーザーの行動を知ることで、ショップをより使いやすく改善することができます。

Googleが提供する分析ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」や「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」は、そのようなユーザーの行動を細かく分析することができます。

そこで今回は、ShopifyにGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleを連携する方法をできるだけわかりやすく解説します。

これら全ての設定は5分で完結できるほどシンプルなので、ぜひ設定してみてください。

本記事の概要

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleの役割

Analyticsは聞いたことはあるけど、Search Consoleは聞いたことがないという人もいると思うので、最初に簡単に説明します。

■Google Analytics

Google Analyticsは、ショップにアクセスするユーザーの分析を行うツールです。

いつどんな人があなたのサイトにアクセスして、何をしたのかを分析することができます。

具体的にはショップの「アクセス数」「滞在時間」「顧客の属性(性別や年齢)」「参照元(チャネル)」などが可視化されます。

■Google Search Console

Google Search Consoleは、検索結果に関連するデータを分析するツールです。

ユーザーがどのようなキーワードで検索をし、あなたのショップを見つけてアクセスしたのかを分析することができます。

具体的には検索結果でのショップの「表示回数」「クリック数(クリック率)」「掲載順位」「検索キーワード」などが可視化されます。

つまりユーザーがあなたのショップにアクセスする前の行動をSearch Consoleで分析し、ショップ内での行動をAnalyticsで分析します。

つまり顧客があなたのショップにアクセスする前の行動をSearch Consoleで分析し、ショップ内での行動をAnalyticsで分析します。

本記事で紹介する設定の概要

では、今回行う設定の概要を紹介します。

・Google Analyticsの連携
・eコマーストラッキングの設定
・参照元除外リスト
・Google Search Consoleの連携
・サイトマップの送信
・AnalyticsとSearch Consoleの連携

これら全ての設定がわずが5分で完結します。

設定を行う前に、「Googleアカウント」「Google Analytics」の登録が必要になります。今回初めて利用する方は、それぞれの登録を先に済ませてください。

Google Analyticsの設定

ではShopifyにGoogle Analyticsを連携します。Google Analyticsの画面を開いてください。

基本設定

Google Analyticsの画面から「管理 > プロパティを作成」をクリックします。

Google Analyticsの画面から「管理 > プロパティを作成」をクリックします。

次の画面で「プロパティ名」を入力し、「タイムゾーン」を日本に設定して「通貨」を日本円に設定します。設定ができたら「詳細オプションを表示」をクリックします。

次の画面で「プロパティ名」を入力し、「タイムゾーン」を日本に設定して「通貨」を日本円に設定します。設定ができたら「詳細オプションを表示」をクリックします。

「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」をオンにし、「ウェブサイトのURL」にあなたのショップのURLを入力します。

「Googleアナリティクス4とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」をオンにし、「ウェブサイトのURL」にあなたのショップのURLを入力します。
「Googleアナリティクス4とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

最後にアンケートに答えて「作成」をクリックします。

最後にアンケートに答えて「作成」をクリックします。

これでプロパティの作成は完了です。あとはトラッキングコードを取得してShopifyに貼り付けます。

「管理 > プロパティ設定 > トラッキング情報 > トラッキングコード」をクリックします。「トラッキングコード」を全文コピーします。

「管理 > プロパティ設定 > トラッキング情報 > トラッキングコード」をクリックします。
「トラッキングコード」を全文コピーします。

次にShopifyの管理画面を開き、「オンラインストア > 各種設定」をクリックします。

Google Analyticsの欄に、先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けて「保存する」をクリックします。これで完了です。

次にShopifyの管理画面を開き、「オンラインストア > 各種設定」をクリックします。Google Analyticsの欄に、先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けて「保存する」をクリックします。これで完了です。

eコマーストラッキングを設定

次は、Google Analyticsにeコマーストラッキングを設定します。

Google Analyticsは主にアクセスの分析ができますが、eコマーストラッキングを設定することで、購入された商品や収益、購入に至るまでの日数など、ユーザーの購買行動をより詳しく分析することができます。

Google Analyticsの画面から「管理 > eコマースの設定」をクリックします。「eコマースの有効化」と「拡張eコマースのレポートを有効化」をオンにして「保存」をクリックします。

Google Analyticsの画面から「管理 > eコマースの設定」をクリックします。「eコマースの有効化」と「拡張eコマースのレポートを有効化」をオンにして「保存」をクリックします。

これで完了です。

参照元除外リストの設定

次は、参照元除外リストを設定します。

例えば、通常はどの流入元から購入につながったのか確認することができますが、PayPalなど外部の決済サービスを利用すると一度他のサイトに遷移するため、Google Analytics上ではユーザーの行動データが2つに分かれてしまいます。

こういったことを防ぐために、外部の決済サービスのURLを参照元から除外します。

Google Analyticsの画面から「管理 > トラッキング情報 > 参照元除外リスト」をクリックします。「参照の除外を追加」をクリックし、除外するドメインを入力します。「作成」をクリックして完了です。

Google Analyticsの画面から「管理 > トラッキング情報 > 参照元除外リスト」をクリックします。「参照の除外を追加」をクリックし、除外するドメインを入力します。「作成」をクリックして完了です。

デフォルトでは、あなたのショップのドメインが追加されていますが、こちらはそのままにしておいてください。

Google Search Consoleの設定

次は、ShopifyにGoogle Search Consoleを連携します。Search Consoleの画面を開いてください。

基本設定

Search Consoleを開き、「URLプレフィックス」にあなたのサイトのURL入力して「続行」をクリックします。

Search Consoleを開き、「URLプレフィックス」にあなたのサイトのURL入力し、「続行」をクリックします。

ポップアップが表示されるので「HTMLタグ」をクリックし、「メタタグ」をコピーします。

ポップアップが表示されるので、「HTMLタグ」をクリックし、「メタタグ」をコピーします。

次にShopifyを開きます。Shopifyの管理画面から「オンラインストア > テーマ > アクション > コードを編集する」をクリックします。

Layoutにある「theme.liquid」をクリックし、コード内の「 <head> ~ </head> 」の間に、先ほどコピーしたメタタグを貼り付けます。最後に「保存」をクリックします。

次にShopifyを開きます。Shopifyの管理画面から「オンラインストア > テーマ > アクション > コードを編集する」をクリックします。
Layoutにある「theme.liquid」をクリックし、コード内の<head> ~ </head>の間に、先ほどコピーしたメタタグを貼り付けます。最後に「保存」をクリックします。

Search Consoleに戻り、HTMLタグの欄にある「確認」をクリックし、所有権が確認されれば完了です。

サイトマップの送信

サイトマップの送信はSEOの対策になります。

Search Consoleの画面から「サイトマップ」をクリックします。「新しいサイトマップの追加」に、「(ショップのドメイン) /sitemap.xml」と入力し、「送信」をクリックして完了です。

Search Consoleの画面から「サイトマップ」をクリックします。「新しいサイトマップの追加」に、「(ショップのドメイン) /sitemap.xml」と入力し、「送信」をクリックします。これで完了です。

Google Analyticsとの連携

最後にいま設定したGoogle AnalyticsとSearch Consoleを連携します。そうすることでGoogle AnalyticsのレポートにSearch Consoleのデータが反映されます。

Google Analyticsの画面から「管理 > プロパティ設定」をクリックし、画面下部にある「Search Consoleを調整」をクリックします。次のページで「追加」をクリックします。

Google AnalyticsとSearch Consoleを連携します。そうすることでGoogle AnalyticsのレポートにSearch Consoleのデータが反映されます。
Google Analyticsの画面から「管理 > プロパティ設定」をクリックし、画面下部にある「Search Consoleを調整」をクリックします。次のページで「追加」をクリックします。

関連付けるプロパティを選択し、「関連付ける」をクリックして完了です。

関連付けるプロパティを選択し、「関連付ける」をクリックして完了です

【最後に】分析ツールを活用してショップを改善しよう

今回ご紹介した設定が完了するとユーザーの購買行動を詳しく分析することができます。

またShopifyに搭載されているストア分析機能でもショップの細かな分析が可能です。

ショップの運営で大事なことはデータを収集することではなく、分析結果に対しての原因の追求と改善を行うことなので、これらのツールを活用してショップの改善を行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Shopify構築・ネットショップ担当者 育成

これからネットショップを始めようと考えているけど、ECサイト運営に強い人材が社内にいないと困っていませんか?

イチ役では、ネットショップ運営を内製化できるように、Shopifyを活用したネットショップ構築から運営までをサポートし、同時にネットショップ担当者の育成を行います。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。