【本紹介】いちばんやさしいShopifyの教本 -人気講師が教える売れるネットショップ制作・運営-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サムネイル114

この記事の所要時間:6分

「EC担当者として業務を任された」「ネットショップってどうやって始めるの?」と困っている方も多くいると思います。

そんな方に、まず一番最初に手に取ってもらいたいオススメ本が「いちばんやさしいShopifyの教本」です。

本書は、累計発行部数70万部を突破した「いちばんやさしい教本」シリーズ(通称:いちやさ)のShopify解説本で、Shopifyを熟知したShopify公認パートナーの方が執筆しています。

これまでイチ役編集部では、Shopifyを始めたばかりの方でも理解できるように、Shopifyについて丁寧に解説してきました。

ですが、「これからShopifyを始める」という方は、WebでShopifyについて検索する前に、真っ先に「いちやさShopify」を手に取るべきです。

Shopifyには機能がたくさんあり、外部サービスの連携や拡張機能の導入など、できることは無限にあります。

そのため、網羅的に理解して使いこなすには、かなり時間がかかり、多くの人が途中で挫折してしまいます。

そんな長くて苦しい道のりを短縮し、挫折することなく効率的にShopifyについて学ぶことができる書籍が「いちやさShopify」です。

今回は、まだ「いちやさShopify」を読んでいないという方向けに、本書の概要やおすすめポイントをご紹介します。

いちばんやさしいShopifyの教本(いちやさShopify)とは

いちばんやさしいShopifyの教本(通称:いちやさShopify)は、4名のShopify公認パートナーの方が執筆された書籍です。

普段は、Shopifyストアの構築や拡張機能の開発などを行っている方々が、Shopifyの使い方を理解できるようにわかりやすく丁寧に解説しています。

本書の目次は以下のとおりです。

チャプター1「Shopifyと最新のネットショップ事情を理解しよう」
チャプター2「Shopifyで自分のネットショップを作成しよう」
チャプター3「ネットショップ公開に向けた準備をしよう」
チャプター4「ネットショップの運用に取り組もう」
チャプター5「SNSやメルマガ、広告を使って集客をしよう」
チャプター6「ネットショップを成長させよう」
チャプター7「Shopifyアプリで思いのままにカスタマイズしよう」
チャプター8「ネットショップの『これから』を考えてみよう」

チャプター1では、まずShopifyやECプラットフォームについて解説しています。

近年、Shopifyはかなり注目されているプラットフォームですが、「なぜ注目されているのか」「他のプラットフォームと何が違うのか」など、ネットショップ業界のことやShopifyの特徴について理解が深まります。

チャプター2では、Shopifyの構造を理解して実際にストア構築を行い、チャプター3でストアを公開するための準備を行います。

チャプター2~3の内容だけでネットショップを構築して、実際にネット販売を始めることができます。

ですが、ネットショップを公開しておしまいではありません。

チャプター4では、ネットショップの公開後に必要となる「注文処理」「商品発送」「返品・返金」「カスタマーサポート」などの運用方法について詳しく解説しています。

チャプター5は、SNSの運用や広告の設定方法について解説しています。ここではShopifyの設定方法だけではなく、外部サービスの設定方法についても詳しく説明しています。

チャプター6は、Shopify運営で行うネットショップの分析方法について解説しています。具体的にどのようなツールを使って、どういった指標を確認するのかなども理解することができます。

チャプター7では、筆者がオススメするShopifyアプリ(拡張機能)を紹介しています。

商品の発送作業やデザイン、マーケティングといった利用目的ごとの厳選されたShopifyアプリを紹介しています。

チャプター8は、Shopifyの最上位プラン「Shopify Plus」についてや「越境EC」など、これからのネットショップ運営のヒントを紹介しています。

ここまで読むことで、Shopifyやネットショップ運営について、とても理解が深まると思います。

いちやさShopifyのおすすめポイント

いちやさShopifyは、これ一冊でShopifyの特徴や操作方法について網羅的に理解することができる書籍です。

「絶対に挫折しない」が本書のコンセプトなので、初心者の方でも理解しながら読み進めることができます。

その中でも特におすすめなポイントは以下の5つです。

  • 画面キャプチャ付きで操作方法を丁寧に解説
  • ネットショップ業界や用語も理解できる
  • 外部サービスの連携や運用方法がわかる
  • 最新アップデートに対応している
  • おすすめアプリ情報がある

画面キャプチャ付きで操作方法を丁寧に解説

本書の最大の特徴は「今日Shopifyを知った人でも理解できる」という、わかりやすさを徹底的に追求した解説です。

そのため、Shopifyの操作方法について淡々と説明するのではなく、「何のためにやるのか」「どうやってやるのか」を解説しています。

また操作方法については、カラーの画面キャプチャ付きでかなり細かく説明しています。

そのため、Shopifyの操作方法について淡々と説明するのではなく、「何のためにやるのか」「どうやってやるのか」を解説しています。また操作方法については、カラーの画面キャプチャ付きでかなり細かく説明しています。

本書を読みながら、同時並行でShopifyの設定を行うことができるので、初心者の方でもストア構築を簡単に行うことが可能です。

ネットショップ業界や用語も理解できる

「D2C」「オムニチャネル」といった用語は、なんとなく聞いたことがあると思います。

また「ヘッドレスコマース」のように、ネットショップ業界でしか聞かない言葉なども何度も出てきます。

ですが、このようなわかりにくい用語は途中で説明があり、用語の意味を理解しながらスムーズに読み進めることができます。

本書を読み終える時には、Shopifyに詳しくなっているだけではなく、ネットショップ業界についても理解が深まっていると思います。

外部サービスの連携や運用方法がわかる

ネットショップ運営はストアを構築しておしまいではなく、集客や運用が必要です。

特に集客はとても重要で、「Instagram」「LINE」といったSNSの運用や、「Google広告」「Facebook広告」など、広告の設定が必要になります。

いちやさShopifyでは、Shopifyの設定方法だけではなく、SNS運用のノウハウやGoogleの広告アカウントの登録方法まで、画面キャプチャ付きで丁寧に解説しています。

さらに、これらの運用についてPDCAサイクルの回し方など、ネットショップを成長に導くためのノウハウやテクニックも身に付きます。

最新アップデートに対応している

Shopifyは年に1度「Shopify Unite」という大きなカンファレンスがあり、毎年Shopifyの大きな機能追加やアップデートが発表されます。

本書が発売される直前にもShopifyのデフォルトが大きく変わる発表がありました。

ですが、いちやさShopifyは「Shopify Unite 2021」で発表されたアップデートを含む、最新の情報を紹介しています。

そのため、アップデート後の機能も存分に使いこなすことができます。

2021年9月に公開された高機能デザインテンプレート「Dawn(ドーン)」や、商品情報を拡張できる新機能「メタフィールド」についても解説しているので、最新情報をキャッチアップしたい方にもオススメです。

おすすめアプリ情報がある

Shopifyでは、Shopifyアプリ(拡張機能)を活用することで、ネットショップの機能を簡単に強化することができます。

ですがShopifyアプリは6,000種類以上あるため、どのアプリを利用すべきか選定するのがとても困難です。

そんなShopifyアプリについて、Shopify公認パートナーの筆者が厳選したものを紹介しています。

チャプター7には、20種類のおすすめアプリについて、主な機能や概要、価格、難易度などの解説があります。

【最後に】Twitterで「#いちやさShopify」を確認しよう!

今回は、初心者の方でもShopifyについて徹底的に理解できる書籍「いちばんやさしいShopifyの教本」をご紹介しました。

Shopifyをこれから始める方には特にオススメなので、ぜひ手に取って読んでみてください。

Twitterでは「#いちやさShopify」で、いちやさShopifyに関する感想が投稿されています。本書を読んだ方は、ぜひ同じハッシュタグで投稿してみてください。

また、Shopifyの運営方法について、さらに学習したい方は「Shopify運用大全」もオススメです。ぜひ以下のリンクからご確認ください。

【本紹介】Shopify運用大全 -最先端ECサイトを成功に導く81の活用法-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加









Return Top