成功しているShopifyストアの74%はテーマを自作していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
research-shopify-theme-thumnail

この記事の所要時間:5分

Shopifyのストア構築を始めると、どのテーマを使用するか迷う方は多くいると思います。Shopifyのテーマストアには多くのテーマがあります。

「有料のテーマが良いのか」「商品によって適切なテーマがあるのか」といったことを考えるかもしれません。

また、React.jsやVue.jsといったフロントエンド技術を使ったヘッドレスコマースや、WordPressにBuy Buttonを埋め込むといった手段もあることを知ると、さらに迷うでしょう。

今回は、グローバル規模で成功している100個のストアを調査し、多く使用されているテーマを明らかにしました。

有料テーマの割合やヘッドレスコマースの割合も紹介しています。是非、テーマ選択の参考にしてください!

調査対象と調査方法

Shopifyストアにとって、成功の形は色々あるでしょう。

売り上げが大きい、利益率が高い、注文数が多い、多くの人に知られている、マーチャントが満足している、など様々です。

成功の形を1つに絞ることは難しいです。

そのため今回は、「most successful shopify store(最も成功しているShopifyストア)」と検索し、ヒットした以下の記事で紹介されているストアの中から、100ストアをピックアップしました。

https://blog.hubspot.com/marketing/best-shopify-stores

https://sixads.net/shopify/stores/

https://getshogun.com/learn/successful-shopify-stores

https://trend.io/blog/most-successful-shopify-stores

https://www.shopistores.com/top-500-most-successful-shopify-stores/

テーマの調査には、BuildWithというツールを使用しました。

商品カテゴリー別の比率

販売される商品によって選ばれるテーマも変わってきます。

そのため、まずは、調査対象のストアがどの商品カテゴリーを販売しているのか見てみましょう。

販売される商品によって選ばれるテーマも変わってきます。そのため、まずは、調査対象のストアがどの商品カテゴリーを販売しているのか見てみましょう。

「衣類・ファッション」が大きな割合を占めており、「食べ物・飲み物」「美容健康」と続きます。

Shopify Plusの割合

Shopifyには、Shopify Plusという月額約20万円のプランがあり、以下の特徴を持っています。

  1. 決済手数料が安い
  2. 高速なAPI呼び出しが可能
  3. 業務自動化ツールが使用可能

Shopify Plusは大規模で複雑なマネジメントを必要とするストア向けのプランとなっています。

今回調査した100個のストアのうち、42個がShopify Plusでした。

Shopify Plusは大規模で複雑なマネジメントを必要とするストア向けのプランとなっています。今回調査した100個のストアのうち、42個がShopify Plusでした。

全てのShopifyストアのうちShopify Plusプランで契約されているストアの割合は約0.59%です。

10,000 / 1,700,000 = 0.59%

参考: https://s27.q4cdn.com/572064924/files/doc_financials/2020/ar/40-F.pdf

対して、今回の調査対象は42%がShopify Plusとなっています。

このことから、今回の調査対象は、成功していると見られているだけでなく、規模の面で実質的にも成功しているストアであることが推定されます。

テーマの割合

では、本題のテーマを見てみましょう。

今回調査した100個のストアでは、カスタムの割合が74%、Prestige(有料)が6%、Debut(無料)とNarrative(無料)がそれぞれ3%、Pipeline(有料)が2%という結果になりました。

今回調査した100個のストアでは、カスタムの割合が74%、Prestige(有料)が6%、Debut(無料)とNarrative(無料)がそれぞれ3%、Pipeline(有料)が2%という結果になりました。

カスタムとは
Shopifyテーマストアから選択せず、Liquidでテーマを自作しているということ。

「その他」には、以下のテーマがそれぞれ1%ずつ含まれています。

■Venue(有料)
■Mr Parker(有料)
■Envy(有料)
■Ira(有料)
■Brooklyn(無料)
■Simple(無料)
■ShowTime(有料)
■Venture(無料)

また、ヘッドレスで運用されている4つのストアも「その他」に含まれています。

ヘッドレスとは
Shopifyのテーマを使わず、WordPressやReact.js、Vue.jsといった技術でフロントエンドを構築しているということ。Shopify APIを使用することで、あらゆるフロントエンド技術で商品を販売することができる。

今回調査した対象のうち、Shopifyテーマストアからテーマが選択されていたストアが22個ありました。

そのうち、無料テーマが選ばれていたストアが9個ありました。

若干有料テーマが選ばれる比率が高いですが、無料テーマも有料テーマに劣らず選ばれていることがわかりました。

また、ヘッドレスで運用されている4つのストアは、全てShopify Plusではありませんでした。

Shopify Plusで使用されているテーマ

Shopify Plusプランを契約しているストアは、今回調査したストアの中でも、多くの人が訪れ、多くの注文が発生しているストアであると予想されます。

そのようなストアで使用されているテーマは、魅力的で、欠点が少なく、商品とマッチしていると言えるでしょう。

結果としては、Shopify Plusプランを契約しているストアの方が、テーマを自作している割合が約24%も高いことがわかりました。

結果としては、Shopify Plusプランを契約しているストアの方が、テーマを自作している割合が約24%も高いことがわかりました。
結果としては、Shopify Plusプランを契約しているストアの方が、テーマを自作している割合が約24%も高いことがわかりました。

一方、Shopify Plusと、それ以外で、「その他」に含まれるテーマの内訳に大きな違いは見られませんでした。

Shopify Plusの方がカスタムの割合が高いことから、自社に合ったデザインを作り込むことと、より多くの商品やお客様に対応することの間には、相関関係がありそうです。

カテゴリー別の分析

カテゴリー別の分析では、2つのことが明らかになりました。

1つ目は、「雑貨・ガーデニング」に属する8つのストアのうち、7つのストアでテーマが自作されていました。カスタムの割合が87.5%と、カテゴリー別ではもっとも高い数値となりました。

ただ、8つのサンプルだけなので偏りがあるかもしれません。

わかったことの2つ目は、「健康・美容」カテゴリーに属する11個のストアは、カスタムの割合が最も低かったことです。

カスタムされたテーマを使用しているストアは4つしかなく、割合としては約36.4%ということになります。

わかったことの2つ目は、「健康・美容」カテゴリーに属する11個のストアは、カスタムの割合が最も低かったことです。カスタムされたテーマを使用しているストアは4つしかなく、割合としては約36.4%ということになります。

「美容・健康」カテゴリーの商品は、既存のテーマが充実しているため、テーマを自作する必要性が薄いのかもしれません。

Prestigeについて

今回の調査で、Prestigeは有料テーマながら多くのストアに選ばれていたことがわかりました。

今回の調査で、Prestigeは有料テーマながら多くのストアに選ばれていたことがわかりました。

Prestigeは、シンプルで、ハイエンドで、贅沢感のあるデザインを実現できるテーマです。

データサイズの大きい画像を最適化してくれるという特徴を持っています。

お客様に製品の細かい部分まで見てもらいつつ、サイトのスピードも落としたくない、というニーズを満たしているようです。

Prestigeで作成されたサイトは、いずれも、高画質な画像をメインとしたデザインとなっています。

ハイエンドな商品を販売していて、商品の細かいところまで見てもらいたいというマーチャントに適しているテーマと言えるでしょう。

まとめ

今回の調査で明らかになったことをまとめます。

・今回調査した100個のストアのうち、テーマを自作しているストアが74個あった。
・自作テーマを除くと、もっとも選ばれていたテーマはPrestigeだった。
・有料テーマに劣らず、無料テーマも同じくらい選ばれていた。
・ヘッドレスで運用されている4つのストアは、全てShopify Plusではなかった。
・Shopify Plusプランを契約しているストアは、Shopify Plusでないストアに比べて、テーマを自作している割合が約24%も高かった。
・「健康・美容」カテゴリーのストアは、テーマを自作している割合が36.4%と、最も低かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。