Shopifyでレビュー機能を実装するアプリ「ポインポン」を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Shopifyのレビューアプリ「Poing Pong」

この記事の所要時間:8分

あなたのネットショップに初めて訪れたユーザーに対して商品購入を促すために、商品レビューはとても重要な役割を果たします。

商品レビューは、消費者が購入を検討する際に、商品の評判を知ることで商品の質や使用感を把握することができます。

さらに、良い評価を得ることで、商品の信頼性を高めて購入率を向上させます。

そこで今回は、Shopifyでレビュー機能を実装するおすすめShopifyアプリ「Poing Pong」について解説します。

レビュー機能を導入するメリットや、類似のShopifyアプリとの比較、使用方法なども詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

ネットショップにレビュー機能を導入するメリット

レビュー機能とは、商品を購入したユーザーによる商品レビュー(口コミ)をネットショップ上に掲載する機能です。

レビュー機能には以下の効果があります。

  • 商品の信頼性を高め、購入率を向上させる
  • 商品に対するユーザーの反応を確かめられる
  • ユーザーからのフィードバックによって商品やサービスを改善できる
  • Googleの検索結果に商品レビューを表示できる

商品レビューには、商品やブランドの信頼性を高める効果があり、消費者が商品の品質を判断するためにとても重要な判断材料になります。

特に新規のユーザーの場合、ブランドへの信頼が低いため、商品レビューがないと不良品だった場合の対応などを不安に思い、購入に至りにくくなります。

そのため、商品レビューは購入を後押しする重要な機能になります。

また、もしネガティブなレビューがついた場合でも、レビューをきっかけに商品やサービスを改善することができます。

一般的なレビュー機能は、顧客のレビューに対してサイト運営者も返信することができるので、その後の丁寧な対応などを他のユーザーに伝えることができます。

Shopifyでレビュー機能を実装するアプリ「Poing Pong」

レビュー機能を実装するShopifyアプリはたくさんありますが、今回はその中でも特におすすめの「Poing Pong」について解説します。

Poing Pongとは

Poing Pong(ポインポン)は、ネットショップに「ポイント機能」や「レビュー機能」を実装することができるShopifyアプリです。

商品を購入したユーザーや、商品レビューを投稿したユーザーに、次回購入時に利用できるポイントを付与します。

他のレビューアプリと違い、ユーザーに対してポイントというインセンティブを設けることで、レビューが集まりやすくなります。

また、商品レビューは、Webの検索結果でリッチスニペットとして表示される可能性があるので、SEO対策にも繋がります。

商品レビューは、Webの検索結果でリッチスニペットとして表示される可能性があるので、SEO対策にも繋がります。

Poing Pongの仕組み

ネットでの商品販売では、8割のユーザーが商品を購入する前にレビューを確認すると言われています。そのため商品レビューはとても重要です。

ユーザーは、Poing Pongによって集まったレビューを見て商品を購入し、会員登録を行うことで、ショップで次回使用できるポイントを受け取ります。

また、商品購入後に自身も商品レビューを投稿することで、さらにポイントを受け取ることができます。

つまり、「会員登録」「商品購入」「レビュー投稿」の最大3回にわたってポイントがユーザーに付与されます。

ユーザーはPoing Pongによって集まったレビューを見て商品を購入し、会員登録を行うことで、ショップで次回使用できるポイントを受け取ります。また、商品購入後に自身も商品レビューを投稿することで、さらにポイントを受け取ることができます。

受け取ったポイントによってユーザーのリピート率が高まり、さらに集まった商品レビューによって商品の信頼性も高まります。

ユーザーのどのアクションに対してポイントをどのくらい付与するかなども、マーチャントが細かく設定できます。

Poing Pongの機能や特徴

その他にもPoing Pongには様々な機能や特徴があります。

  • OS 2.0に完全対応
  • 商品ページにレビューを掲載
  • レビュー一覧ページの作成
  • レビューにショップからコメントを返信
  • メニューボタンのデザイン変更(アイコン画像も設定可能)
  • リッチスニペットが表示される構造化データ対応
  • 期間限定のポイントキャンペーン実施が可能
  • 1ポイントからクーポンに変換できる
  • CSVファイルでのインポート及びエクスポート
  • 日本対応のカスタマーサポート

Poing PongはOS 2.0に対応しており、デザインの編集や商品ページへのレビュー掲載は、ノーコードで誰でも簡単に設定できます。

商品レビューに対してマーチャントが返事を投稿することができるので、悪いレビューがついた場合でも丁寧に対応して、他のユーザーにもマーチャントの対応や態度を伝えることができます。

最大の特徴は、レビューを投稿してくれたユーザーに対して、あなたのネットショップで利用できるポイントを付与できることです。

ポイントといったインセンティブを設けることで、レビューが増えて購入率がさらに高くなる好循環が生まれます。

CSVファイルを活用してデータのインポートやエクスポートができるので、これまで使用していたレビューアプリからのデータ移行もとても簡単です。

もし自身でのデータ移行が難しい場合は、日本語対応のカスタマーサポートも受けることができます。

サービスと料金

Poing Pongは月額20ドルで利用でき、14日間の無料トライアル利用が可能です。

またShopifyパートナーは、パートナーフレンドリーアプリとして開発ストアで無料で利用できます。

レビュー機能だけではなく、ポイント機能もたった1つのShopifyアプリで実装できるので、月額利用料金を安く抑え、アプリ導入によるページの表示速度の低下も抑えることができます。

別途有償で導入サポートや他システムからのデータ移行サービスもあります。

公式ページから問い合わせると、チャットやビデオ会議、編集権限の付与などを使用してサポートを受けることができます。

他のレビューアプリとの比較

Shopifyには、他にも様々なレビューアプリがあります。

各機能について他のアプリとPoing Pongの比較をご紹介します。

Poing PongJudge.meAli Review
月額料金20ドル0~15ドル0~49.9ドル
画像のレビュー投稿
レビュー数の制限なしなしプランによる
レビューへのコメント○(有料プラン)
メールの自動送信×○(有料プラン)
クーポン(ポイント)付与○(有料プラン)○(有料プラン)
リッチスニペット○(有料プラン)
日本語サポート××
OS 2.0対応

Poing Pongは、単なるレビュー機能を実装するアプリではなく、ポイント機能も実装できるハイブリットアプリです。

そのため、その両方の機能を導入すると考えると、トータルで月額費用をとても安く抑えることができます。

また、レビュー機能を導入しても、ユーザーにレビューを投稿するインセンティブがないと、なかなか商品レビューは集まりません。

Poing Pongはユーザーのレビュー投稿に対してポイントを付与することができるので、商品レビューを多く集めることができます。

ユーザーが触れるサイト画面の紹介

Poing Pongの設定方法を説明する前に、実際にユーザーが触れるサイト画面をご紹介します。

まずは、以下のリンクよりPoing Pongが実装されたデモサイトをご確認ください。

<Poing Pongのデモサイト>

ユーザーは、画面右下にあるボタンをクリックし、ポイント画面を開きます。

Poing Pongの設定方法を説明する前に、実際にユーザーが触れるユーザーインターフェースをご紹介します。ユーザーは、画面右下にあるボタンをクリックし、ポイント画面を開きます。

ポイント画面には現在所有しているポイントが表示され、「クーポン交換・履歴」で所有ポイントを使用してクーポンを発行することができます。

「ポイント履歴」をクリックして所有ポイントの増減を確認でき、「レビュー管理」では、商品レビューの投稿や、レビューの履歴確認が可能です。

Poing Pongの使用方法

Poing Pongの設定と使用方法について解説します。

また、Poing Pongの操作方法は以下の動画でも解説しているので、あわせて参考にしてください。

インストールと初期設定

ポイント機能を利用するユーザーはショップの会員登録をする必要があります。

そのため、まず最初にShopifyの管理画面から「設定 > チェックアウト」をクリックし、顧客アカウントの欄で「アカウントを任意にする」か「アカウント作成を必須にする」を選択して保存してください。

そのため、まず最初にShopifyの管理画面から「設定 > チェックアウト」をクリックし、顧客アカウントの欄で「アカウントを任意にする」か「アカウント作成を必須にする」を選択して保存してください。

会員登録の設定が完了したら、アプリをインストールします。

<アプリをインストール>

インストール完了後、Poing Pongの管理画面から「設定 > ベーシックプランを購入する」をクリックし、プランを契約して完了です。

レビューの管理と返信

まずは、Poing Pongの管理画面から「レビュー」をクリックします。

後ほどご紹介するレビュー承認の設定で「自動」を選択した場合は、ユーザーが投稿したレビューがすべて自動でサイト上に表示されます。

「手動」に設定した場合は、レビュー管理画面の「保留中」タブに表示され、保留中のレビューは「変更 > 公開」を選択して「登録する」をクリックすることで公開されます。

この時、付与するポイントを変更することも可能です。

その他にも、レビューを非公開にすることやレビューの削除、レビューに返信する場合も、こちらのレビュー管理画面で操作します。

ポイント付与の設定

次にポイント付与の設定を行うため、Poing Pongの管理画面から「設定」をクリックします。

設定画面では、以下の設定が可能です。

クーポン引換:ポイントのクーポン変換「有効 or 無効」
付与するポイント率:購入金額に対して付与するポイントを1~10%で設定
一時的なポイント変動:一時的に付与するポイント率を変更する期間の設定
新規アカウント登録時のポイント付与:会員登録時に付与するポイント
レビュー投稿:レビュー機能の設定「画像あり/テキストのみ/無効」
レビューの承認方法:レビュー承認の設定「自動/手動」
レビュー投稿による付与ポイント数:レビューを投稿したユーザーに付与するポイント

上記の設定が完了したら「保存する」をクリックして完了です。

また、Poing Pongの管理画面にある「会員とポイント」では、各会員の所有ポイントの確認と編集が可能です。

デザイン編集

ポイントメニューのデザインやレビューの掲載位置も自由に編集することができます。

まずは、Shopifyの管理画面から「オンラインストア > テーマ > カスタマイズ」をクリックし、テーマカスタマイズ画面を開きます。

■ポイントメニューのデザイン編集

画面左下にある「テーマ設定」をクリックし、「アプリを埋め込む」のタブをクリックします。

「Poing Pongのフローティング」をオンにするとポイントメニューが画面右下に表示されます。

画面左下にある「テーマ設定」をクリックし、「アプリを埋め込む」のタブをクリックします。「Poing Pongのフローティング」をオンにするとポイントメニューが画面右下に表示されます。

デザイン編集項目の内容は、以下を参考にしてください。

背景カラー:メニューボタンやメニュー画面の背景カラー
メインカラー:メニュー画面のフォントカラー
サブカラー:メニュー画面内のボタンのカラー
位置:メニューボタンの表示位置

また、メニューボタンのデザインは、お好みの画像を設置することができます。ファイル画像の推奨サイズは「256px × 256px」または「512px × 512px」です。

編集が完了したら、最後に「保存する」をクリックします。

■商品ページにレビューを掲載

次に、ユーザーが投稿したレビューを掲載する場所を設定します。

テーマカスタマイズ画面の上部中央にあるドロップダウンメニューを開き、「商品 > デフォルトの商品」を選択します。

画面左側にある編集メニューから「商品情報 > ブロックを追加」をクリックし、「 商品レビュー Poing Pong:ポインポン」を選択すると、「商品レビュー」のブロックが追加されます。

画面左側にある編集メニューから「商品情報 > ブロックを追加」をクリックし、「 商品レビュー Poing Pong:ポインポン」を選択すると、「商品レビュー」のブロックが追加されます。

各ブロックはドラッグ&ドロップで表示位置を変更したり、「この商品のレビュー」をクリックして、表品項目などをある程度カスタマイズすることも可能です。

また、上記と同じ操作方法で、コレクションのグリッド表示内(商品一覧)へのレビュー表示や、カートページへのポイント表示などを掲載することができます。

■レビュー一覧ページの作成

レビューだけを集めたページを新規で作成することも可能です。

Shopifyの管理画面から「オンラインストア > テーマ > カスタマイズ」をクリックし、テーマカスタマイズの画面を開きます。

テーマカスタマイズ画面の上部中央にあるドロップダウンメニューを開き、「ページ > テンプレートを作成する」をクリックします。

テーマカスタマイズ画面の上部中央にあるドロップダウンメニューを開き、「ページ > テンプレートを作成する」をクリックします。

そして「reviewlist」など、わかりやすい半角英数字の名前をつけて保存します。

これでレビュー一覧ページのデフォルトが完成し、掲載内容の編集に移ります。

画面左側のテンプレート欄で「セクションを追加」をクリックし、開かれたポップアップ最下部にあるアプリ欄から「商品レビュー」を選択します。

画面左側のテンプレート欄で「セクションを追加」をクリックし、開かれたポップアップ最下部にあるアプリ欄から「商品レビュー」を選択します。

あとは、タイトルやレビューの表示数などを設定して、最後に画面右上の「保存する」をクリックして完了です。

レビュー投稿を依頼する通知の設定

レビュー機能を実装してもユーザーは機能やポイント付与について気がつかないため、購入者にレビュー投稿依頼の通知を送る必要があります。

次に、ユーザーへのレビュー投稿依頼の自動通知を設定します。

まずはShopifyの管理画面から「設定 > 通知」をクリックし、「配送情報通知」または「配送済み」を選択します。

メールの編集画面が表示されるので、メール本文にレビュー投稿を依頼する文章を追加します。

画面右上の「プレビュー」で、実際に送信されるメールのプレビューを確認することができ、問題がなければ最後に「保存」をクリックして完了です。

CSVファイルを活用したデータ移行

他のレビューアプリやポイントアプリからデータを移行する場合、CSVファイルを活用して一括でデータをインポートすることができます。

ですが、Poing Pongが指定する形式に合うようにシートを作成する必要があるので、詳しくは以下の公式マニュアルを参考にしてください。

Poing Pongマニュアル

OS 2.0非対応のテーマを使用している場合も、こちらのマニュアルが参考になります。

よくある質問・使用上の注意点

最後に、Poing Pongの操作方法に関するよくある質問と回答を紹介します。

レビュー投稿のお願いに関する通知について

現時点で、Poing Pongには購入者に対してレビュー依頼のメールを自動送信する機能がありません。

Shopifyの管理画面から「設定 > 通知 > 配送情報通知」をクリックすると、配送完了通知メールの編集が可能なので、配送完了通知メールにレビュー依頼の文章を記載して対応するようにしてください。

付与するポイントの計算と付与タイミングについて

ポイントは商品の注文日時を基に計算されます。ポイントが付与されるのは、商品を発送したタイミングです。

消費税の金額を付与するポイントの計算に加算するか否かはマーチャントで設定が可能です。しかし、送料はポイントの加算対象外です。

会員登録数やレビュー数の制限について

Poing Pongには、会員登録数やレビュー数の上限がありません。

テーマを変更する場合

Poing Pongは、インストールする際に使用中のテーマに機能を埋め込みます。そのためテーマを変更すると、Poing Pongの機能が使用できなくなるので注意してください。

また、アプリを削除して再度インストールすると、ポイントやレビューのデータが消失してしまいます。

テーマを変更する場合は、コチラからサポートに問い合わせるようにしてください。

レビューの構造化データ(リッチスニペット)について

Shopifyは、構造化データ(リッチスニペット)に対応しています。投稿された商品レビューはGoogleの検索結果に表示され、検索結果のクリック率向上に役に立ちます。

しかし、Poing Pongを導入するだけで検索結果にレビューが反映されるわけではなく、Shopifyのコード編集が必要になります。

Shopifyテーマ「Debut」「Dawn」については、以下のページでコード編集の解説をしているので、参考にしてください。

レビューの構造化データ反映について | Poing Pong マニュアル

また、その他のテーマを使用している方はサポートに問い合わせてみてください。

【最後に】レビュー機能を活用してCVRを向上させよう!

今回は、Shopifyでレビュー機能とポイント機能を実装できる「Poing Pong」についてご紹介しました。

Poing Pongを活用することで、多額のマーケティングコストをかけることなく、購入率を向上させることができます。

あなたのネットショップの売上を安定させるためにも、ぜひ一度活用してみてください。

<アプリをインストール>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加














Return Top