Shopifyでポイントとレビュー機能を実装するアプリ「Poing Pong」を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
poing-pong

この記事の所要時間:8分

ネットショップを成功させるためには集客が大切ですが、購入率を高めることやリピーターを増やすことが最も売上に影響を与えます。

購入率を改善するために商品レビューを掲載して商品の信頼性を高めたり、リピーターを増やすために購入者にポイントを付与するなど、様々な施策が考えられます。

Shopifyにはレビュー機能やポイント機能を実装するアプリがあり、これらのアプリを導入することで購入率の向上やリピート購入が期待できます。

そこで今回は、たった1つのShopifyアプリで、ポイントとレビュー機能の両方を実装する「Poing Pong」について解説します。

他のShopifyアプリとの比較や設定方法、使用方法なども詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

ネットショップにポイント機能やレビュー機能を導入するメリット

まずは、ネットショップにポイント機能やレビュー機能を導入するメリットについて説明します。

ポイント機能導入のメリット

ポイント機能とは、会員登録やユーザーが購入した商品の金額に対してポイントを付与し、次回購入時にポイントを使ってディスカウントすることができる機能です。

ポイント機能には以下のような効果があります。

  • リピート購入してもらいやすくなる
  • ユーザーの囲い込みができる
  • 顧客単価やLTV(顧客生涯価値)の向上が期待できる

ポイント機能はユーザーにお得感を感じてもらい、リピート率を向上させることができます。特に日本では楽天ポイントやTポイントなど、ポイント文化が強いためとても効果的です。

また、ポイント機能によってネットショップの会員登録数を増やすことができ、ユーザーを囲い込み、その他の施策にも取り組みやすくなります。

レビュー機能導入のメリット

レビュー機能とは、商品を購入したユーザーによる商品レビューをネットショップ上に掲載する機能です。

レビュー機能には以下の効果があります。

  • 商品の信頼性を高め、購入率を向上させる
  • 商品に対するユーザーの反応を確かめられる
  • ユーザーからのフィードバックによって商品やサービスを改善できる

商品レビューには、商品やブランドの信頼性を高める効果があり、新規のユーザーにとっては商品の品質を判断するためにとても重要な情報になります。

またネガティブな評価であっても、レビューをきっかけに商品やサービスを改善することができます。

ポイントとレビュー機能を実装する「Poing Pong」について

Poing Pongとは

Poing Pong(ポインポン)は、ネットショップに簡単にポイント機能やレビュー機能を実装することができるShopifyアプリです。

商品を購入したユーザーや商品レビューを投稿したユーザーに、次回購入時に利用できるポイントを付与します。

商品レビューは、Webの検索結果でリッチスニペットとして表示されることがあるなど、SEO対策にも繋がります。

Poing Pongの仕組み

ネット販売では、8割のユーザーが商品を購入する前にレビューを確認すると言われています。そのため商品レビューはとても重要です。

ユーザーはPoing Pongによって集まったレビューを見て商品を購入し、会員登録を行うことで、ショップで次回使用できるポイントを受け取ります。

また、商品購入後に自身も商品レビューを投稿することで、さらにポイントを受け取ることができます。

つまり、「会員登録」「商品購入」「レビュー投稿」の最大3回にわたってポイントがユーザーに付与されます。

ユーザーはPoing Pongによって集まったレビューを見て商品を購入し、会員登録を行うことで、ショップで次回使用できるポイントを受け取ります。また、商品購入後に自身も商品レビューを投稿することで、さらにポイントを受け取ることができます。

受け取ったポイントによってユーザーのリピート率が高まり、さらに集まった商品レビューによって商品の信頼性も高まります。

ユーザーのどのアクションに対してポイントをどのくらい付与するかなども、マーチャントが設定できます。

Poing Pongの機能や特徴

その他にもPoing Pongには様々な機能や特徴があります。

  • OS 2.0に完全対応
  • 商品ページにレビューを掲載
  • レビューにショップからコメントを返信
  • メニューボタンのデザイン変更(画像も設定可能)
  • リッチスニペットが表示される構造化データ対応
  • 期間限定のポイントキャンペーン実施が可能
  • 1ポイントからクーポンに変換できる
  • キャンペーンに連動したバナー表示
  • CSVファイルでのインポート及びエクスポート
  • 日本対応のカスタマーサポート

Poing PongはOS 2.0に対応しており、デザインの編集や商品ページでのレビュー掲載はテーマカスタマイズ画面で簡単に設定することができます。

また、ユーザーに付与するポイントや、期間限定でポイント還元率を高くするキャンペーンなども細かく設定することが可能です。

CSVファイルを活用してデータのインポートやエクスポートができるので、これまで使用していたレビューアプリやポイントアプリからのデータ移行も簡単です。

もし自身でのデータ移行が難しい場合は、日本語対応のカスタマーサポートも受けることができます。

サービスと料金

Poing Pongは月額20ドルで利用でき、14日間の無料トライアル利用が可能です。

またShopifyパートナーは、パートナーフレンドリーアプリとして開発ストアで無料で利用できます。

ポイント機能とレビュー機能を1つのShopifyアプリで実装できるので、月額利用料金を安く抑え、アプリ導入によるページの表示速度の低下も抑えることができます。

別途有償で導入サポートや他システムからのデータ移行サービスもあります。

公式ページから問い合わせると、チャットやビデオ会議、編集権限の付与などを使用してサポートを受けることができます。

他のShopifyアプリとの比較

Shopifyには他にも様々なポイントアプリとレビューアプリがあります。

各機能について他のアプリとの比較をご紹介します。

ポイント機能を実装するShopifyアプリの比較

Poing PongLoyalty HeroEasyPointMR.POINT
月額料金20ドル0~429ドル50~998ドル26~60ドル
ポイント付与条件会員登録、商品購入、レビュー投稿会員登録、商品購入、SNS投稿商品購入会員登録、商品購入
オーダー(会員)数制限なしありありあり
会員ランク機能×○(有料プラン)
日本語サポート×
OS 2.0対応××

Poing Pongは、他のポイントアプリと比べて安く導入することができ、様々な条件でポイントを付与することができます。

オーダー数や会員数の制限もないため、契約プランを途中でアップグレードする必要もありません。

日本語でサポートを受けることができ、他のアプリからの移行も簡単に行うことができます。

レビュー機能を実装するShopifyアプリの比較

Poing PongJudge.meProduct Review
月額料金20ドル0~15ドル無料
画像のレビュー投稿××
レビューへのコメント
メールの自動送信××
クーポン(ポイント)付与○(有料プラン)×
リッチスニペット
日本語サポート××
OS 2.0対応

Poing Pongは、レビュー機能を実装するShopifyアプリの中では比較的高価ですが、ポイントアプリと両方を導入すると考えると、トータルで月額費用を安く抑えることができます。

また、レビュー機能を導入しても、ユーザーにレビューを投稿するインセンティブがないと、なかなか商品レビューは集まりません。

Poing Pongはユーザーのレビュー投稿に対してポイントを付与することができるので、商品レビューを多く集めることができます。

ユーザーインターフェースの紹介

Poing Pongの設定方法を説明する前に、実際にユーザーが触れるユーザーインターフェースをご紹介します。

まずは、以下のリンクよりPoing Pongが実装されたデモサイトをご確認ください。

<デモサイト>

ユーザーは、画面右下にあるボタンをクリックし、ポイント画面を開きます。

Poing Pongの設定方法を説明する前に、実際にユーザーが触れるユーザーインターフェースをご紹介します。ユーザーは、画面右下にあるボタンをクリックし、ポイント画面を開きます。

ポイント画面には現在所有しているポイントが表示され、「クーポン交換・履歴」で所有ポイントを使用してクーポンを発行することができます。

「ポイント履歴」をクリックして所有ポイントの増減を確認でき、「レビュー管理」では、商品レビューの投稿や、レビューの履歴確認が可能です。

Poing Pongの使用方法

Poing Pongの設定と使用方法について解説します。

インストールと初期設定

ポイント機能を利用するユーザーはショップの会員登録をする必要があります。

そのため、まず最初にShopifyの管理画面から「設定 > チェックアウト」をクリックし、顧客アカウントの欄で「アカウントを任意にする」か「アカウント作成を必須にする」を選択して保存してください。

そのため、まず最初にShopifyの管理画面から「設定 > チェックアウト」をクリックし、顧客アカウントの欄で「アカウントを任意にする」か「アカウント作成を必須にする」を選択して保存してください。

会員登録の設定が完了したら、アプリをインストールします。

<アプリをインストール>

インストール完了後、Poing Pongの管理画面から「設定 > ベーシックプランを購入する」をクリックし、プランを契約して完了です。

ポイント機能の設定

まずはポイントプログラムの設定のため、Poing Pongの管理画面から「設定」をクリックします。

設定画面では、以下の設定が可能です。

クーポン引換:ポイントのクーポン変換「有効 or 無効」
付与するポイント率:購入金額に対して付与するポイントを1~10%で設定
一時的なポイント変動:一時的に付与するポイント率を変更する期間の設定
新規アカウント登録時のポイント付与:会員登録時に付与するポイント
レビュー投稿:レビュー機能の設定「有効 or 無効」
レビューの承認方法:レビュー承認の設定「自動 or 手動」
レビュー投稿による付与ポイント数:レビューを投稿したユーザーに付与するポイント

上記の設定が完了したら「保存する」をクリックして完了です。

また、Poing Pongの管理画面にある「会員とポイント」では、各会員の所有ポイントの確認と編集が可能です。

レビューの管理

Poing Pongの管理画面から「レビュー」をクリックします。

先ほどのレビュー承認の設定で「自動」にした場合は、ユーザーが投稿したレビューがすべて自動でサイト上に表示されますが、「手動」に設定した場合は、こちらの画面の「保留中」タブに表示されます。

保留中のレビューは「変更」をクリックし、「公開」を選択して「登録する」をクリックすることで公開されます。この時、付与するポイントを変更することができます。

その他にもレビュー管理画面では、レビューを非公開にすることやレビューを削除することも可能です。

デザイン編集

ポイントメニューのデザインやレビューの掲載位置も自由に編集することができます。

まずは、Shopifyの管理画面から「オンラインストア > テーマ > カスタマイズ」をクリックし、テーマカスタマイズ画面を開きます。

■ポイントメニューのデザイン編集

画面左下にある「テーマ設定」をクリックし、「アプリを埋め込む」のタブをクリックします。

「Poing Pongのフローティング」をオンにするとポイントメニューが画面右下に表示されます。

画面左下にある「テーマ設定」をクリックし、「アプリを埋め込む」のタブをクリックします。「Poing Pongのフローティング」をオンにするとポイントメニューが画面右下に表示されます。

デザイン編集項目の内容は、以下を参考にしてください。

背景カラー:メニューボタンやメニュー画面の背景カラー
メインカラー:メニュー画面のフォントカラー
サブカラー:メニュー画面内のボタンのカラー
位置:メニューボタンの表示位置

また、メニューボタンのデザインは、お好みの画像を設置することができます。ファイル画像の推奨サイズは「256px × 256px」または「512px × 512px」です。

編集が完了したら、最後に「保存する」をクリックします。

■商品ページにレビューを掲載

次に、ユーザーが投稿したレビューを掲載する場所を設定します。

テーマカスタマイズ画面の上部中央にあるドロップダウンメニューを開き、「商品 > デフォルトの商品」を選択します。

画面左側にある編集メニューから「商品情報 > ブロックを追加」をクリックし、「 Poing Pong この商品のレビュー」を選択すると、「商品評価」「この商品のレビュー」の2つのブロックが追加されます。

テーマカスタマイズ画面の上部中央にあるドロップダウンメニューを開き、「商品 > デフォルトの商品」を選択します。画面左側にある編集メニューから「商品情報 > ブロックを追加」をクリックし、「 Poing Pong この商品のレビュー」を選択すると、「商品評価」「この商品のレビュー」の2つのブロックが追加されます。

各ブロックはドラッグ&ドロップで表示位置を変更したり、「この商品のレビュー」をクリックして、商品ページに表示する内容を編集することも可能です。

また、上記と同じ操作方法で、コレクションのグリッド表示内(商品一覧)へのレビュー表示や、カートページへのポイント表示などを掲載することができます。

レビュー投稿を依頼する通知の設定

レビュー機能を実装してもユーザーは機能やポイント付与について気がつかないため、購入者にレビュー投稿依頼の通知を送る必要があります。

次に、ユーザーへのレビュー投稿依頼の自動通知を設定します。

まずはShopifyの管理画面から「設定 > 通知」をクリックし、「配送情報通知」または「配送済み」を選択します。

メールの編集画面が表示されるので、メール本文にレビュー投稿を依頼する文章を追加します。

画面右上の「プレビュー」で、実際に送信されるメールのプレビューを確認することができ、問題がなければ最後に「保存」をクリックして完了です。

CSVファイルを活用したデータ移行

他のレビューアプリやポイントアプリからデータを移行する場合、CSVファイルを活用して一括でデータをインポートすることができます。

ですが、Poing Pongが指定する形式に合うようにシートを作成する必要があるので、詳しくは以下の公式マニュアルを参考にしてください。

Poing Pongマニュアル

OS 2.0非対応のテーマを使用している場合も、こちらのマニュアルが参考になります。

【最後に】ポイントとレビュー機能を活用しよう!

今回は、Shopifyでポイント機能とレビュー機能を実装できる「Poing Pong」についてご紹介しました。

Poing Pongを活用することで、多額のマーケティングコストをかけることなく、購入率やリピート率を向上させることができます。

あなたのネットショップの売上を安定させるためにも、ぜひ一度活用してみてください。

<アプリをインストール>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加








Return Top