一覧でわかる!Shopifyで利用できる決済サービスまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サムネイル45

この記事の所要時間:8分

Shopifyではクレジットカード決済や銀行振込だけではなく、数多くの決済手段に対応することができます。

ショップで利用できる決済サービスを拡充することで、顧客のあらゆる決済手段に対応することができ、支払い方法での離脱を防ぐことができます。

今回はそんなShopifyで利用できる決済サービスをご紹介します。本記事を参考にあなたのショップに導入する決済サービスを検討してください。

Shopifyで対応可能な決済手段一覧

Shopifyには、Shopifyペイメントという決済システムが標準設定で導入されています。

Shopifyペイメントを利用することで、クレジットカード決済やApple Pay、Google Pay、Shop Payなどでの決済に対応することができます。

さらにShopifyは外部の決済システムを導入することもでき、その他の決済手段にも対応することが可能です。

Shopifyで利用可能な決済サービスについて、まずは一覧でご確認ください。

決済サービス決済方法決済手数料
Shopifyペイメントクレジットカード3.15%~4.15%
Apple Payクレジットカード3.15%~4.15%
Google Payクレジットカード3.15%~4.15%
Shop Payクレジットカード3.15%~4.15%
PayPalクレジットカード、銀行振込2.9%~3.6% +40円
Amazon Payクレジットカード3.9%
KOMOJUクレジットカード、コンビニ決済、銀行振込、スマホ決済など2.75%~12%
ペイディコンビニ決済、銀行振込3.5%
キャリア決済NTT DOCOMO、au、Softbank6.4%
GMOイプシロンクレジットカード、代金引換、コンビニ決済、銀行振込など3.2%
SBペイメントサービスクレジットカード、スマホ決済、キャリア決済など3.5%
2Checkoutクレジットカード3.9% +45¢
CyberSourceクレジットカード3.9% +45¢
BitPayビットコイン、ビットコインキャッシュ1%

クレジットカードや銀行振込、コンビニ決済はもちろん、QRコード決済やキャリア決済、仮想通貨での支払いにも対応が可能です。

各決済サービスの概要

では、次にこれらの決済手段に対応するために導入が必要な決済サービスをご紹介します。

Shopify ペイメント

<決済方法>
クレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB)
<決済手数料>
国内のクレジットカード:3.15%〜3.4%
海外のクレジットカード:3.75%〜3.9%
JCB:3.75%〜4.15%
振込手数料:0円

Shopifyペイメントは、Shopifyの基本設定として導入されている決済システムです。

マーチャントは審査なしで、主要なクレジットカードでの決済に対応することができます。また同時にApple Pay、Google Pay、Shop Payにも対応が可能になります。

Shopifyペイメントは取引手数料がかからず、クレジットカード別の決済手数料のみ必要になります。Shopifyペイメントについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Shopifyペイメントとは?特徴や設定方法をわかりやすく解説

Apple Pay

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB
<決済手数料>
国内のクレジットカード:3.15%〜3.4%
海外のクレジットカード:3.75%〜3.9%
JCB:3.75%〜4.15%
振込手数料:0円

Apple Payは、Shopifyペイメントの決済設定でチェックを入れるだけで利用することができます。

iPhoneユーザーであればWalletアプリにクレジットカード情報を同期している方も多く、Apple Payは日本国内でも利用ユーザーが多い決済サービスです。

またApple Payでは動的チェックアウトを利用することができ、顧客はあなたのショップで商品をカートに追加することなく、商品ページから数クリックで商品を購入することができます。

Google Pay

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express
<決済手数料>
国内のクレジットカード:3.15%〜3.4%
海外のクレジットカード:3.75%〜3.9%
JCB:3.75%〜4.15%
振込手数料:0円

Google PayもApple Payと同じように、Shopifyペイメントの決済設定でチェックを入れるだけで利用することができます。

Androidユーザーに多く利用されており、Webサイト上でも安全で気軽に利用できる決済サービスです。またGoogle Payも動的チェックアウトが可能です。

Shop Pay

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB
<決済手数料>
国内のクレジットカード:3.15%〜3.4%
海外のクレジットカード:3.75%〜3.9%
JCB:3.75%〜4.15%
振込手数料:0円

Shop PayはShopifyが提供する決済サービスです。Shopifyペイメントとは異なり、外部のサービス上でも利用できる独立したサービスです。

Shop Payもまた、Shopifyペイメントの決済設定でチェックを入れるだけで利用することができます。

Shop Payを利用することで顧客は自身の住所やクレジットカード情報を保存することができ、次回購入時に個人情報が自動入力されます。またShop Payに保存された情報は、他のShopifyストアでも使用することができます。

Shop Payについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Shop Payとは?Shopifyペイメントとの違いも徹底解説

PayPal

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB、銀行振込など
<決済手数料>
決済手数料:2.9~3.6% +40円(月額取引量で変動)
取引手数料:0円
振込手数料:0円(入金金額が5万円未満の場合は250円/件)

PayPalは海外で多く利用されている決済サービスです。Shopifyの決済管理画面から簡単に導入することができます。

PayPalはShopifyペイメント以外の決済サービスですが、取引手数料はかかりません。PayPalは銀行口座と連携して利用することができるので、Shopifyで銀行振込に対応する際に利用すると便利です。

またエクスプレスチェックアウトといい、動的チェックアウト同様に商品ページから直接商品を購入することができます。

PayPalについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

今さら聞けないPayPalとは?Shopifyでの設定方法をわかりやすく解説

Amazon Pay

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB
<決済手数料>
決済手数料:3.9%(デジタルコンテンツの場合は4.5%)
取引手数料:0円
振込手数料:0円

Amazon Payは、Amazonアカウントに登録された住所とクレジットカード情報を使用して決済を行うサービスです。Shopifyの決済管理画面から簡単に導入することができます。

PayPalと同じように取引手数料はかからず、動的チェックアウトが可能です。

Amazon Payは振込手数料が0円なので、マーチャントにもメリットがある決済サービスです。また入金サイクルを最短で翌日に設定することができ、売上を次の日に受け取ることができます。

Amazon Payについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Shopifyに導入すべき決済サービスAmazon Payを徹底解説

KOMOJU

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、コンビニ決済、銀行振込、Pay-Easy、LINE Pay、メルペイ、PayPay、キャリア決済、WebMoney、BitCash、NET CASH
<決済手数料>
Visa、MasterCard:3.6%
American Express、JCB、Diners Club:3.85%
コンビニ決済、銀行決済、Pay-Easy:2.75%
スマホ決済:4%(PayPayのみ3.5%)
キャリア決済:6.6%
プリペイド電子決済:12%
取引手数料:0.15~2%
振込手数料:220円(入金金額が3万円以上の場合は410円)

KOMOJUは様々な決済手段に対応した決済サービスです。特にShopifyでコンビニ決済や銀行振込に対応する場合はKOMOJUを導入します。

KOMOJUについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

Shopifyで銀行振込・コンビニ決済を設定する方法まとめ

ペイディ

<決済方法>
コンビニ決済(翌月払い)、銀行振込(翌月払い)
<決済手数料>
決済手数料:3.5%
取引手数料:0.15~2%
振込手数料:500円

ペイディは、クレジットカードを持っていないユーザーでもメールアドレスと携帯番号だけで支払いを完了し、後払いできる決済サービスです。翌月にコンビニ決済や銀行振込で支払います。

売上金の入金が100%保証されており、マーチャントとしても安心できる決済サービスです。

ペイディについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

クレカ不要!ShopifyシェアNo.1「ペイディ(Paidy)」導入で売上アップ&業務効率化

キャリア決済

<決済方法>
NTT DOCOMO、au、Softbank
<決済手数料>
決済手数料:6.4%(デジタルコンテンツは15%)
取引手数料:0.15~2%
振込手数料:0円

キャリア決済は携帯電話の情報で決済を行い、携帯電話料金と共に支払う決済方法です。

Shopifyの決済管理画面から簡単に導入することができます。

GMOイプシロン

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、代金引換、コンビニ決済、銀行振込、キャリア決済、スマホ決済
<決済手数料>
決済手数料:クレジットカード手数料最安3.20%
取引手数料:0.15~2%
振込手数料:4件/月は無料(それ以降は250円/件)

GMOイプシロンも多くの決済手段に対応可能な決済サービスです。

分割払いやリボ払いの選択肢を設けることもでき、高単価な商品を取り扱うマーチャントなどは導入の検討が必要な決済サービスです。

SBペイメントサービス

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、楽天ペイ、PayPay、キャリア決済、Pay-easy、Alipay国際決済
<決済手数料>
決済手数料:3.5%
取引手数料:0.15~2%

SBペイメントサービスを導入すると、楽天ペイやAlipayなどに対応することができます。

その他にも複数の決済手段に対応しており、全ての契約や清算などを一元管理するが可能なので、多くの決済手段を一括で対応する場合に便利な決済サービスです。

2Checkout

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCBなど
<決済手数料>
決済手数料:3.9% + 45¢
取引手数料:0.15~2%
振込手数料:$15

2Checkoutはグローバルビジネス向けの決済サービスです。グローバルでの決済やサブスクリプション請求ができ、税金やグローバル取引のリスクなども軽減できます。

CyberSource

<決済方法>
Visa、MasterCard、American Express、JCBなど
<決済手数料>
決済手数料:3.9% + 45¢
取引手数料:0.15~2%
振込手数料:$15

Cybersourceは不正検知機能を活用した決済サービスです。越境ECにも適した190以上の国で使用することができます。

クレジットカードやデビットカードだけではなく、Apple PayやPayPal、電子小切手などにも対応しています。

BitPay

<決済方法>
ビットコイン、ビットコインキャッシュ
<決済手数料>
決済手数料:1%
取引手数料:0.15~2%

BitPayはモバイルとデスクトップで仮想通貨を管理できるウォレットです。

BitPayをショップに導入することで、顧客はビットコインやビットコインキャッシュで商品を購入することができます。手数料もわずか1%なので他の決済手段よりもかなり安く利用が可能です。

【最後に】決済サービスを拡充しよう

今回はShopifyで利用可能な決済サービスについてご紹介しました。

多くのShopifyマーチャントは、Shopifyペイメントの他にも複数の決済サービスを導入しています。

また、国内においては代金引換の需要もあります。

代金引換はShopifyの決済管理画面から設定することができるので、そちらの対応も検討してください。代金引換に関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

Shopifyで代引き(代金引換)を設定する際のベストプラクティス

決済サービスの拡充でユーザーのあらゆる決済手段に対応し、チェックアウトでの離脱を防ぐようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Shopify構築・運営保守

イチ役では、Shopifyを活用したネットショップ構築や運営サポート、必要に応じたシステム開発などを行っています。

これからShopifyを始めようと考えている方は、お気軽にご相談ください。


無料で相談する

SNSでもご購読できます。