Shopifyで利用規約(法律文書)を自動生成する「KIYAC」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サムネイル105

本記事の所要時間:3分

いくつかの質問に答えるだけで、Shopify構築に必要な「利用規約」「プライバシーポリシー」「特定商取引法に基づく表示」「配送ポリシー」「返金ポリシー」を自動生成できるサービス「KIYAC(キヤク)」を提供するKIYACプロジェクト様に、当サービスについての記事を寄稿いただきました。

ECサイトでの法律文書の必要性

一般的なネットショップやECサイトには、必ずといっていいほど、フッターなどに「プライバシーポリシー」「利用規約」「特定商取引法に基づく表示」などといった法的な文章が掲載されています。

Shopifyのような海外発のサービスを利用してストア開設する場合であっても、日本でネットショップを開設する以上、もちろん日本の法律に従い、日本の法律上必要となる法律文書を整備しなければなりません。

ところが現状、Shopify側ではこういった法律文書の作成を支援するサービスは準備されておらず、構築ベンダーは自力で利用規約やプライバシーポリシーといった法律文書を準備する必要があります。

そこで役に立つのが「KIYAC」です。

KIYACについて

法律文書ジェネレーター「KIYAC」とは

KIYACは、弁護士が監修する「法律文書ジェネレーター」です。

2020年10月1日のリリース以来、多数のユーザーの皆様にご利用いただいており、この度、生成枚数が2,000枚を突破したことをお知らせします。

KIYACは、弁護士が監修する「法律文書ジェネレーター」です。2020年10月1日のリリース以来、多数のユーザーの皆様にご利用いただいており、この度、生成枚数が2,000枚を突破したことをお知らせします。

Webサービスやアプリを運営するうえで、「プライバシーポリシー」「利用規約」「特定商取引法に基づく表示」といった文書は、とても重要なものです。

しかし、その作成を弁護士などの専門家に依頼すると高額の費用が発生することから、多くのサービスで、これらの規約類は他社のWebサイト事例や、雛形・テンプレートの「コピー&ペースト」で作成されてきた実態があります。

ですが、KIYACを使えばいくつかの質問に回答するだけで、弁護士などの専門家に依頼するよりもはるかに安価に、WEBサービスの提供・運営上必須となる法律文書を自動生成することができます。

しかし、その作成を弁護士などの専門家に依頼すると高額の費用が発生することから、多くのサービスで、これらの規約類は他社のWebサイト事例や、雛形・テンプレートの「コピー&ペースト」で作成されてきた実態があります。KIYACを使えば、いくつかの質問に回答するだけで、弁護士などの専門家に依頼するよりもはるかに安価に、WEBサービスの提供・運営上必須となる法律文書を自動生成することができます。

KIYACで作成できる法律文書

KIYACは、ECサイト運営に必要なあらゆる法律文書を管理画面から選択して簡単に作成することができます。

KIYACで作成可能な法律文書は、以下のとおりです。

  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (Webサービス用/ネットショップ用)
  • 特別商取引法に基づく表示
  • 秘密保持契約書
  • 業務委託契約書 (単発型/継続型)
  • GDPRプライバシーポリシー
  • 創業株主間契約書
  • ポイント規約
  • 代理店契約
  • 特約店契約書
  • 販売委託契約書 (問屋/代理商)
  • 営業代理点契約書
・プライバシーポリシー
・利用規約 (Webサービス用/ネットショップ用)
・特別商取引法に基づく表示
・秘密保持契約書
・業務委託契約書 (単発型/継続型)
・GDPRプライバシーポリシー
・創業株主間契約書
・ポイント規約
・代理店契約
・特約店契約書
・販売委託契約書 (問屋/代理商)
・営業代理点契約書

また、利用規約やプライバシーポリシー、GDPRプライバシーポリシーについては、英語版も生成可能なので、越境ECサイトを運営する際も簡単に英語表記の法律文書を作成することができます。

今後も生成できる文書の種類は順次拡大していく予定です。

プランと料金

「プライバシーポリシー」1枚を生成できるFreeプランは、無料での利用が可能です。

有料のStandardプランは、年額5,940円(税込)で、「プライバシーポリシー」「利用規約」「特定商取引法に基づく表示」「配送ポリシー」「返金ポリシー」といったショップ構築に必要な文書がすべて生成可能です。

「業務委託契約書」「秘密保持契約書」など、ウェブサービスを提供・運営する上で必要となる様々な法律文書も準備しており、種類・枚数無制限で生成できます。

さらに、KIYACの協力弁護士に、KIYACで生成した文書のリーガルチェックや、オンライン法律相談をすることができる「KIYACの法律相談」という機能も備えています。

WEBサービスやスタートアップ支援に造詣の深い弁護士も多数参加し、さまざまな相談に対応できる体制を整えています。また、多くの弁護士が無料相談枠を設定しています。

さらに、KIYACの協力弁護士に、KIYACで生成した文書のリーガルチェックや、オンライン法律相談をすることができる「KIYACの法律相談」という機能も備えています。WEBサービスやスタートアップ支援に造詣の深い弁護士も多数参加し、さまざまな相談に対応できる体制を整えています。また、多くの弁護士が無料相談枠を設定しています。

【最後に】KIYACを活用して安心してECサイト運営をしよう

今回は、ECサイトの運営上必須となる法律文書を自動生成するサービス「KIYAC」についてご紹介しました。

ECサイトを運営する上で、日本の法律上必要となる法律文書の整備は必須です。

また、これらの法律文書は消費者に安心感を与えると同時に、マーチャントを守るものにもなります。

KIYACは安価で利用でき、各文書の雛形を作成した弁護士へのオンライン相談も可能なので、ぜひ活用してみてください。

会社概要

KIYACプロジェクト
所在地:大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル8階-171
代表:千葉直愛(弁護士)
URL:https://kiyac.app/
Twitter:@KIYAC2020

EC事業者向けの法律情報を発信するブログも運営しています。ぜひご覧ください。

ECの法律.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。