顧客レビューを掲載するShopifyアプリ「Judge.me」を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サムネイル31

この記事の所要時間:6分

ネットショップの商品ページに顧客のレビューを掲載したいと考えている方は多いと思います。

ネット販売では、第三者の客観的な意見が購買に大きな影響を与え、8割のユーザーは商品を購入する前にレビューをチェックしていると言われています。

むしろレビューが全くない商品は、ユーザーが購入しづらい商品になります。なのでレビュー機能は導入必須と言っても過言ではありません。

そこで今回は、Shopifyでレビュー機能を実装するアプリ「Judge.me」について詳しく解説します。

本記事を読めば、あなたのショップにもレビューをたくさん集めることができ、信頼性の高いネットショップにすることができます。

レビュー機能のメリット

近年ネットショップに限らず、多くのサービスで顧客レビューを目にします。レビューには顧客の購買欲を高める効果や、商品やブランドの信頼性を高める効果があります。

マーチャントにとってレビュー機能の導入は、以下のようなメリットがあります。

・商品の信頼性が高まり購入率が向上する
・顧客の反応によって商品に対する顧客エンゲージメントを確かめられる
・顧客からのフィードバックによって商品やサービスを改善できる
・Googleの検索結果にレビューを表示できる

購入率が高くなることはもちろんですが、顧客の率直なフィードバックによって商品の良し悪しを確認することができます。

もちろんいい意見だけではなく、批判的な意見もあると思いますが、まだまだ商品やサービスの改善が必要だと気づかされる機会になるので、レビューをきっかけに商品やサービスを改善することができます。

また批判的な意見への誠実な態度や、改善によって信頼性が高まるので、批判的な意見もとても価値があるフィードバックになります。

そして、あまり注目されていませんが、商品レビューは検索結果のスニペットに表示されることがあり、こちらもとても大きなメリットです。

Shopifyでレビュー機能を実装するアプリ「Judge.me」

レビュー機能を実装するShopifyアプリはいくつかありますが、今回はその中でも特にオススメの「Judge.me」について解説します。

Judge.meは、誰でも簡単にShopifyにレビュー機能を導入できるアプリです。機能が豊富で無料プランでも十分な効果を発揮します。

Judge.meの機能

Judge.meの主な機能は以下のとおりです。

・商品ページにレビューを掲載
・購入した顧客に商品レビューを依頼 (無制限)
・ショップに表示するレビューを選択
・レビューバッジの表示 (5段階評価)
・レビューを登録した顧客へのクーポン付与
・トップページにレビューを掲載
・レビューに写真や動画を追加
・レビューに返信
・Q&Aの作成
・SNSでのレビュー自動投稿
・SEOスニペット(検索結果の概要に評価を表示)
・レビューページの作成

Judge.meでは、商品を購入した顧客に対して自動でレビュー依頼のメールを送ることができ、レビューを登録してくれた顧客に対してクーポンを付与することができます。

そうすることでレビューが増え、さらに購入率が高くなるという好循環が生まれます。

また、これらの機能はすべてノーコードで設定が可能です。

プランと料金

Judge.meは、無料プランと月額15ドルの有料プランがあります。

無料プランでも最低限のレビュー機能を実装することができますが、有料プランでは上記の機能をすべて活用することができます。

他のレビューアプリと比べても比較的安く、多機能なのでとてもオススメです。

Judge.meをショップに設定する方法

初期設定

それではJudge.meの設定方法について説明します。

まずは、コチラからアプリをインストールします。

アプリのインストールが完了すると、Judge.meのセットアップ画面が表示されるので、左側の自動で設定を選択して「Start Installation」をクリックします。

まずは左側の自動で設定を選択して「Start Installation」をクリックします。

次に必要なレビュー機能(複数可)を選択して「Next」をクリックします。

次に必要なレビュー機能(複数可)を選択して「Next」をクリックします。

テーマタイプを選択して「Install Judge.me Now」をクリックします。

テーマタイプを選択して「Install Judge.me Now」をクリックします。

これで初期設定は完了です。すでにショップにはレビュー機能が追加され、利用することが可能です。

これで初期設定は完了です。すでにショップにはレビュー機能が追加され、利用することが可能です。

デザインの編集

次はデザインを編集します。

Judge.meの管理画面から「Settings > Review Widget」をクリックします。

左側のメニューにある「Widget Header」「Widget Body」「Widget Form」でレビューのデザインを編集することが可能です。

※編集項目の上に「Awesome」というマークがついている項目は、有料プラン限定の編集項目です。

管理画面から「Settings > Review Widget」をクリックします。

左側のメニューにある「Widget Header」「Widget Body」「Widget Form」でレビューのデザインを編集することができます。

※編集項目の上に「Awesome」というマークがついている項目は、有料プランでのみ編集できます。

メニューにある「Widget Preview」では、実際にショップに表示されるレビューのデザインを確認することができます。

メニューの「Review Curation」をクリックし、画面上部にある「Review Curation」をオンにすると、顧客が登録したレビューが自動でショップに反映されます。オフにすると、許可したレビューのみショップに表示します。

メニューにある「Widget Preview」では、実際にショップに表示されるレビューのデザインを確認することができます。

メニューの「Review Curation」をクリックし、画面上部にある「Review Curation」をオンにすると顧客が書いたレビューが自動でショップに反映されます。オフにすると、許可したレビューのみショップに表示します。

プレビューバッジの表示

次にプレビューバッジを設定します。プレビューバッジとは、商品名のすぐ下に表示される総合評価(5段階評価)です。

管理画面から「Settings > Other Widgets」をクリックします。

左側のメニューにある「Preview Badge」からプレビューバッジを表示する箇所を設定することが可能です。

プレビューバッジを表示できる箇所は「商品ページ」「コレクションページ」「トップページのコレクション」の3箇所です。

次にプレビューバッジを設定します。プレビューバッジとは、商品名のすぐ下に表示される総合評価(5段階評価)です。

管理画面から「Settings > Other Widgets」をクリックします。

左側のメニューにある「Preview Badge」からプレビューバッジを表示する箇所を設定することができます。
プレビューバッジを表示できる箇所は「商品ページ」「コレクションページ」「トップページのコレクション」の3箇所です。

カルーセルの追加

レビューをカルーセル形式で、ショップのトップページに表示することができます。

管理画面から「Settings > Other Widget」をクリックします。左側のメニューにある「Review Carousel」をクリックします。

画面上部にあるスイッチをオンにすると、レビュー(カルーセル)のセクションをショップに追加できるようになります。

また、「How to feature reviews?」の欄では、レビューの反映を自動で行うか、手動で選択するかを設定することができます。

レビューをカルーセル形式で、ショップのトップページに表示することができます。

管理画面から「Settings > Other Widget」をクリックします。左側のメニューにある「Review Carousel」をクリックします。

画面上部にあるスイッチをオンにすると、レビュー(カルーセル)のセクションをショップに追加できるようになります。

また、「How to feature reviews?」の欄では、レビューの反映を自動で行うか手動で選択するかを設定することができます。

画面下部では、カルーセルのデザインや表示するレビュー数、表示項目などを編集が可能です。

レビューの管理

次にレビューの管理や、使用方法について説明します。

レビュー管理画面

レビュー管理画面は、実際に顧客によって入力されたレビューを管理します。

まずは、管理画面から「Reviews」をクリックします。

レビュー管理画面には顧客が登録したすべてのレビューが表示され、各レビューの表示・非表示を設定することや、レビューに対して返信を送ることができます。

レビューの右側にある「Status」で表示・非表示を設定し、その右側にあるアイコンボタンでは、レビューへのリプライ、お気に入り登録、SNSでのシェア、レビューの削除などを行います。

トップページに表示するカルーセルを手動に設定している場合は、こちらでお気に入り登録されたレビューがショップのトップページで表示されます。

レビュー管理画面は実際に顧客によって入力されたレビューを管理します。

各レビューの表示・非表示を設定することや、レビューに対して返信を送ることができます。
管理画面から「Reviews」をクリックします。
レビュー管理画面には、顧客が書いたすべてのレビューが表示されます。

レビューの右側にある「Status」で表示・非表示を設定します。
その横には、レビューへのリプライ、お気に入り登録、SNSでのシェア、レビューの削除などを行うことができます。

トップページに表示するカルーセルを手動に設定している場合は、こちらでお気に入り登録されたレビューがショップのトップページで表示されます。

リクエストメール

商品を購入した顧客に対してレビューをお願いするメールを自動送信することができます。

管理画面から「Settings > Review Request」をクリックします。

「Timing and Format」から、メールの送信元、メールを送るタイミング、リマインドの回数の設定が可能です。

商品を購入した顧客に対してレビューをお願いするメールを自動送信することができます。

管理画面から「Settings > Review Request」をクリックします。
「Timing and Format」から、メールの送信元、メールを送るタイミング、リマインドの回数の設定ができます。

また、管理画面のメニューにある「Requests」をクリックすると、サブメニューが表示されます。

「Requests Dashboard」ではリクエストメールを管理し、「Email Templates」ではリクエストメールのテンプレートデザインを変更することができます。

また、管理画面のメニューにある「Requests」をクリックすると、サブメニューが表示されます。
「Requests Dashboard」では、リクエストメールを管理し、「Email Templates」ではリクエストメールのテンプレートデザインを変更することができます。

通知

レビューの管理を行う中で最高評価(5点)も重要ですが、一方で最低評価(1点)も気にかける必要があります。

Judge.meには、ある条件のレビューが書かれた際にマーチャントにメール通知をする機能があり、これを活用することで最低評価のレビューにも早く気づくことができます。

設定方法は、管理画面から「Settings > Review Request」をクリックします。

「Admin Notifications」から画面上部にある「Review notification」をオンにすると通知を受け取ることができます。

また、通知を送る先のメールアドレスや通知の条件設定も可能です。

レビューの管理を行う中で最高評価(5点)も重要ですが、一方で最低評価(1点)も気にかけないといけません。

Judge.meにはある条件のレビューが書かれた際にマーチャントにメール通知をする機能があります。

管理画面から「Settings > Review Request」をクリックします。
「Admin Notifications」から画面上部にある「Review notification」をオンにすると通知を受け取ることができます。

また、通知を送るメールアドレスや、通知の条件を設定なども設定できます。

【最後に】まずは無料プランで導入しよう

今回は、Shopifyでレビュー機能を実装するアプリ「Judge.me」について解説しました。

今回ご紹介した機能は、すべて無料プランで使用できます。

Judge.meの有料プランでは、今回ご紹介した機能以外にもQ&Aの設置やクーポンの付与などが設定可能です。

レビュー機能の効果が実感できるほどレビューが集まれば、月額15ドルはすぐに回収可能になるので、そのタイミングでぜひ有料にアップグレードしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。