Shopifyに集客できる!効果的な7つのマーケティング手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サムネイル53

この記事の所要時間:8分

Amazonや楽天市場のようなモール型ECサイトと、Shopifyで構築する自社ECサイトの大きな違いは「集客」です。

モール型ECサイトはショップに集客する必要はありませんが、自社ECサイトは自らユーザーを集客する必要があり、またその集客が成功のカギになります。

Shopifyでネットショップを始めたものの、思うように集客ができず困っている方も多くいると思います。

そこで今回はShopifyを運営する上で、最も効果的な7つの集客方法をご紹介します。

ネットショップを始めたばかりの人でもわかるように、各集客方法についてさらに詳しく説明した記事もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ネットショップの集客について

ネットショップの売上は、「集客」「購入率」「平均注文単価」「リピート率」の掛け算によって決まります。どれも大切な指標なので、それぞれ細かく分析して改善する必要があります。

ですがネットショップを公開したばかりの初期においては、ほとんどの場合は認知度が低いため、集客が大切になります。

Shopifyでは、広告媒体の連携やShopifyアプリの導入によって様々なマーケティング施策を行うことができます。その中でも検討するべき集客方法は以下のとおりです。

・Facebook広告
・Googleショッピング広告
・TikTok広告
・SEO対策
・リファラルマーケティング
・SNS運用
・インフルエンサーマーケティング

Shopifyはあらゆる広告やマーケティングデータを管理画面で一元管理することができ、各施策のデータを分析することができます。

まずは、各集客方法の理解を深めて取り組んでみてください。

Shopifyで検討するべき7つの集客方法

では、Shopifyで検討するべき7つの集客方法について、それぞれ詳しく解説します。

Facebook広告

若者を中心にSNSで時間を消費している人が多いため、SNS広告ではたくさんの人に商品やブランドをアピールすることができます。

また、他の投稿と見分けがつかない広告クリエイティブを配信することで、自然な形で商品を訴求することができます。

そんなSNS広告の中でも特にInstagramが注目されており、Instagramのフィードに広告を配信するFacebook広告の活用がとても重要になります。

Facebook広告は、ユーザーの正確な個人情報を用いて高精度なターゲティング広告を配信します。

Facebook広告は2種類あり、ShopifyとFacebookを連携することで、Facebook広告をShopifyの画面で管理することができます。また広告のレポートを確認することも可能です。

Facebook広告の種類は以下の2つです。

・オーディエンスの構築広告
・ダイナミックリターゲティング広告

「オーディエンスの構築広告」は、あなたの商品と類似の商品に興味関心があるユーザーに対して、あなたの商品の広告を配信します。

「ダイナミックリターゲティング広告」は、一度あなたのショップを訪れたユーザーに対して、サイトで閲覧した商品をカタログ広告として配信します。

Facebook広告は、ネットショップ運営の初速をつけるためにとても効果的な集客方法です。また、継続して運用することで広告配信の最適化が進み、より効果が出るようになります。

Facebook広告の設定方法について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

初心者でもできる!ShopifyでFacebook広告を配信する方法

Googleショッピング広告

Web集客を考える際に多くの企業がGoogle広告を利用しますが、Google広告には「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「動画広告」のように様々な種類があります。

その中でもネットショップに特化した広告が「ショッピング広告」です。

Googleショッピング広告は、ユーザーが検索したキーワードと関連性の高い商品情報を検索結果に表示します。

リスティング広告とは異なり、商品の画像や商品名、商品の値段を表示することができます。

ShopifyとGoogle(Merchant Center)を連携することで、Google広告をShopifyで管理することができ、広告のレポートを確認することも可能です。

Googleショッピング広告の種類は以下のとおりです。

・オーガニック検索
・スマートショッピングキャンペーン

「オーガニック検索」とは、ユーザーがキーワード検索をした際に、検索結果として表示される広告です。

またGoogleの検索結果にはショッピングタブがあり、ShopifyとGoogleを連携することで、無料で商品を掲載することができます。

「スマートショッピングキャンペーン」は、GoogleのAI技術を使って最適な場所に自動的に広告を配信します。1日の予算を設定するだけで、Googleが自動的にターゲットと宣伝する商品を決定します。

スマートショッピングキャンペーンは、Googleの検索結果やディスプレイ、YouTube、Gmailなど様々な場所に表示されます。

こちらもFacebook広告と同様に、運用を続けるほど広告配信の最適化が進み、より効果が出るようになります。

Googleショッピング広告の設定方法について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

初心者必見!ShopifyでGoogleショッピング広告を始める方法

TikTok広告

TikTokは若者を中心に多く利用されているSNSです。近年、TikTokからの購買が増えていることもあり、世界的に注目されているマーケティング施策です。

ShopifyとTikTokを連携することで、Shopify上でTikTokのクリエイティブを簡単に作成し、配信することができます。

ShopifyでのTikTok広告は、国内では2021年に利用できるようになったばかりなので、まだまだ参考になる情報が少ないという状態です。

ですが、手軽にできる集客方法として一度挑戦してみてもいいと思います。また2021年12月31日までは、条件付きで100ドルの広告クーポンを受け取ることができます。

TikTok広告の設定方法について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

誰でもできる!ShopifyでTikTok広告を配信する方法

SEO対策

SEO対策は、コストをかけずに取り組める集客方法の代表例です。

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、Googleなどのブラウザでキーワード検索をした際に、検索結果の上位にあなたのショップを表示することができます。

あなたのショップや商品を求めている潜在顧客が、あなたの商品を探す際に検索するであろうキーワードでブログ記事を書きます。そしてショップ内の記事コンテンツを充実させることで、潜在顧客が流入する導線を作ります。

ネットショップで掲載するコンテンツは、ブログ記事以外にも「商品紹介」「マガジン」「顧客のインタビュー」など様々なものがあり、どのような検索キーワードで上位に表示されるか、そのためにどのようなコンテンツをショップに掲載するかなどの計画がとても重要になります。

またSEO対策は短期では結果が出ませんが、長期的に継続することで購買意欲が高い顧客を集客することができます。

ShopifyでのSEO対策やブログ機能について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【図で解説】Shopifyのブログ機能とSEO対策

リファラルマーケティング

ここまで自力で集客を行う方法についてご紹介しましたが、集客をユーザーに手伝ってもらうリファラルマーケティングも効果的な施策です。

リファラルとは、口コミや友人の紹介によって集客を行うことです。友人から勧められることによって、その他の集客よりも購入率が高くなる特徴があります。

Shopifyでは、ポイントアプリやディスカウント機能を活用することで、既存の顧客に対して友達紹介を促すことができます。

例えば、Shopifyアプリの「Loyalty Hero」を活用すると、既存の顧客は友達にショップへの招待リンクを送ることができ、そのリンク経由で商品を購入してもらうことでクーポンを受け取れます。

その他にもSNSでショップをシェアするとポイントが付与されるプログラムなど、様々なマーケティング施策を行うことができます。

リファラルマーケティングやポイント機能について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

Shopifyのポイント機能アプリLoyalty Heroを徹底解説!

SNS運用

費用をかけずに比較的早く効果が出る集客方法として、SNSの運用はとてもオススメです。ショップやマーチャントのSNSアカウントを作成し、発信することでブランドの認知を広げることができます。

ですが、SNSを活用する目的はフォロワーを増やすことでも、バズらせることでもありません。

できるだけあなたのショップやブランドに興味を持ってもらえそうなユーザーを選んで、コミュニケーションを取るようにしましょう。

また、その中でSNSのフォロワー限定クーポンの発行や試供品のプレゼントなどを行うことで、ショップに集客することができます。

Shopifyのディスカウントやクーポンは、いつ発行したクーポンなのかチェックすることができるので、クーポンによる効果がどのくらいあるのか分析することも可能です。

Shopifyのディスカウント機能について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

なぜShopifyでクーポンが大事か?ディスカウント機能すべてを解説

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングも効果的なマーケティング施策のひとつです。

すでにSNS上で影響力があるインフルエンサーに声をかけ、ブランドや商品を発信してもらうことで、多くのユーザーにリーチすることができます。

インフルエンサーに依頼するパターンは3つあります。

・SNSのDMでインフルエンサーに直接依頼をする
・インフルエンサーマーケティングを行う広告代理店に依頼する
・インフルエンサーに商品をプレゼントする

ほとんどの場合が、インフルエンサーへの直接依頼、または広告代理店を介したPRの依頼だと思います。

ですが本当にあなたの商品にニーズがある場合、インフルエンサーに直接商品をプレゼントする方法がとても効果的です。

商品在庫をプレゼントすることになりますが、金銭的なコストを支払う必要はありません。

また、商品のプレゼントは依頼するインフルエンサーの方が本当に商品を気に入った場合のみ、本心でオススメ投稿をするので、PRではない形で投稿してもらえる可能性が高いです。

最近はSNSでPR投稿をするのが当たり前になっているので、一般的なPR投稿はファンの方の反応もあまり良くありません。

なので、一度インフルエンサーの方に商品をプレゼントしてみることを検討してみてください。

まとめ

今回は、Shopifyサイトに集客できる効果的なマーケティング手法についてご紹介しました。

最後にまとめると、Shopifyの効果的な集客方法は以下の7つです。

  • Facebook広告
  • Googleショッピング広告
  • TikTok広告
  • SEO対策
  • リファラルマーケティング
  • SNS運用
  • インフルエンサーマーケティング

ぜひこれらのマーケティング施策をあなたのショップへの集客に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。